3月15日に「女子学生のつどい」、3月23日、24日に「新入生のつどい」という2つの「つどい」が八王子キャンパスで工学院大学学園生活協同組合の企画として開催されました。これは入学前の新入生が同級生や先輩達と交流をすることで、大学の雰囲気を味わってもらい、入学前の不安を解消してもらうことを目的にしたイベントです。

クイズゲームに班で取り組む新入生の様子

クイズゲームに班で取り組む新入生の様子

「新入生のつどい」は学科ごとに日程が分かれていて、先進工学部、建築学部の新入生は22日、工学部、情報学部の新入生は23日に参加しました。生協学生委員会の学生による大学生活の話から始まり、班に分かれての自己紹介にゲーム、途中には席替えも行われました。昼には教室から食堂へ移動し、学食の使い方や400円以内のおすすめセットメニューなどが紹介され、実際に食事をすることで更なる交流を深めると、そのあとのキャンパスツアーでは生協委員の学生による案内で新入生は大学内を歩き回り、4月から始まる大学生活への理解も深められる内容となりました。

取材を通して、この2つ「つどい」は入学前の新入生の不安を取り除く素晴らしいイベントだと感じました。