本日11月23日、工学院大学新宿キャンパスにて新宿祭実行委員会主催の第69回新宿祭が始まりました。今年のテーマは「水族館」で会場内には海をモチーフとした数々の装飾がされていました。模擬店や教室展示、ステージ企画などが行われ、各参加団体が工夫を凝らした発表をしていました。

shinjukufes2018_stage
一階アトリウムで行われたステージでは、一日中多くの企画が行われました。お昼過ぎにはDJサークルKNOiSEによる発表「Resonation of Music in Shinjuku 04」が行われ、盛り上がりをみせました。午後にはダンスサークルREADYのダンス発表「ダンスショーケース」があり、色々なジャンルのステージが次々と披露され、客席はたくさんの人で埋め尽くされました。今日のステージ最後の企画は音楽サークルSound of Libertyによる音楽ライブ「SOL Night Live」でした。様々なバンドが登場し思い思いのパフォーマンスを見せました。オーディエンスは沸きに沸き熱いステージとなりました。

shinjukufes2018_mogiten
キャンパス前の工学院大学エステック広場では、12団体が模擬店を出店しており、内容は食べ物から飲み物までバラエティに富むもので、学科連合委員会による餃子、文芸主体創作サークルink.によるコーヒー、工学院大学と跡見学園女子大学によるごま団子、盛況学生委員会によるフランクフルトなどがあります。カードゲームサークル七王子連盟による「BURN OF CIKEN」では皿にフライドポテトとフライドチキンを山盛りにしたものが200円と言う良質なコスパで販売されていました。

shinjukufes2018_b1
地下一階では写真展示が行われています。茅野写真展では工学院大学元教員の茅野さんが撮りためた工学院大学の膨大な量の写真が展示されていました。毎年テーマを決めているという茅野さんは今年は学科連合に一年間密着し写真を撮り続けたとのことで、その写真がたくさん展示してあります。大学の歴史や後援会の活動、大学を育ててくれた方々の顔写真をまとめた展示もあり、後援会の活動などは学生たちにあまり知られていないのでこの展示を学生たちに見てほしいと茅野さんは語っていました。八王子キャンパスの14号館の前によく停まっている工学院大学ソーラーチームのソーラーカーなどを運ぶための専用のトラックは後援会の寄贈だということを皆さんは知っていましたか?

新宿祭は新宿キャンパスにて明日、明後日の11月23日、11月24日も続きます。是非遊びに来てください。