6月25日、26日、八王子キャンパスのいぶきホールにて、学生自治会主催・東京都赤十字血液センター実施による献血活動が行われました。これは学生自治会が定期的に開催しているもので、今回も様々な学生が参加しました。会場の外では、厚生労働省の公式キャラクター「けんけつちゃん」の着ぐるみが協力を呼びかけており、記念に写真を撮っている学生も多くいました。

会場では受付を済ませ、血圧を測り、献血に関する説明を受け、いくつかの質問に答えます。そのあとお医者さんによる当日の体調のチェックが行われます。次に事前の検査として、少量の血液を採血し、 血液型の判定などを行います。 採血は10~15分程度で終了し、そのあと少しの休憩を必ず取ります。今回の献血はこのような流れで行われました。

献血2018

献血をしている様子

協力した学生には、献血前の食事としてドーナツ、献血後の食事としてお菓子や紙パックジュースが配られました。また謝礼として全員にカップヌードル、3人以上のグループで参加すると人数分の紙パックジュース、10代または初めて献血に参加する人には数量限定、先着でモバイルバッテリーが用意されていました。次回、開催される際には皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。