先日5月18日午後3時から午後6時まで工学院大学八王子キャンパス南門にて生協学生委員会による自転車無料点検が行われました。自転車無料点検とは自転車販売店の方に来てもらい、自転車通学が多い立地にある八王子キャンパスの生徒の自転車を点検してもらうことで安全な通学を目的とし、年に二回行われてるイベントです。

自転車点検を行う様子

自転車点検を行う様子

生協学生委員会の人にこのイベントの目標を尋ねてみたところ、「事故0でしょ。事故0にならないならやる意味ないじゃん。工学院大学から事故を無くしたい。」と熱く語っていました。また今回から参加者に通学路の危ないところを教えてもらいハザードマップを作成していて、そこに特に力を入れているそうです。

工学院周辺のハザードマップ

工学院周辺のハザードマップ

点検にあたっていた整備係員の方によると点検項目はおよそ15項目あり、それらは自転車に安全に乗るための一つの基本だそうです。特にブレーキ、タイヤ、チェーンがよく壊れていて、最低でも一年に一回の点検、整備により、このような故障を防ぐ必要があります。またこのイベントに自転車通学の生徒が全員参加できなくても、このようなイベントが行われているということが知られるだけで、故障や事故への意識付けになるため意味のあるイベントであると話していました。

皆さんも自分の自転車の点検、整備を怠らず事故が起きないように心がけていきましょう。