2月25日、東京都心では「東京マラソン2018」が開催され、3万人以上のランナーが東京都内を走り抜けます。スタート地点である東京都庁に近い工学院大学新宿キャンパスでは、スタート地点周辺に位置する数少ない大学キャンパスとして、地下1階にあるラウンジスペース「B-ICHI(ビーイチ)」を解放し、マラソン参加者の更衣スペースなどに活用されました。

当日は、体育会のメンバーやOBが案内役としてボランティアで参加し、ランナーの方たちに工学院大学オリジナルのハンカチを手渡したり、トイレの誘導、各種の案内などを行いました。そのためかB-ICHI内でも混乱などはなく、ランナーの方たちが落ち着いて着替えやウォームアップなどの準備に集中できているようでした。

今回初めてB-ICHIを使ったというランナーの方からは、スタート地点から近くて便利だと好評でした。一昨年も1階アトリウムで着替えなどをしたというランナーの方は、今回も工学院大学での準備を行うことができ良かったものの、1階正面玄関からの入場ができないという案内が欲しかった、という意見もありました。

東京都内で行われるビッグイベントということで、積極的にスペースを提供するという取り組みは非常に好評でしたが、初めて利用する方だけでなく、継続的に利用している方への案内も、ボランティア活動として続けていくために必要とされます。今後もこういった社会貢献活動を続けていくうえで、重要な視点となりそうです。