6月24日土曜日に、連合前期企画である「きびだんご~従者たちの頂上決戦~」が体育館で行われました。この企画は学科間の交流を深めるために、広いグラウンドを使って、サルチーム、イヌチーム、キジチームの3チームに分かれて体を動かすゲームで楽しむという企画でした。

最初のゲームは正方形のエリアを4等分し、それぞれを春夏秋冬と決めて、お題である食べ物の旬な時期のエリアに他チームにタッチされずに移動するという知識と運動神経が問われるゲームでした。皆さんなかなか食べ物の旬な時期が分からず迷走している場面も多々ありましたが、正解のエリアに向って走るチームとタッチしようとするチームの攻防はとても迫力のあるものでした。次のゲームはグラウンドに配置されたいくつかのミニゲームをチーム一丸となってこなしていくものでした。色々あったなかで私が気になったのは、桃太郎に関連するワードをチームの人たちで協力して人文字で完成させるというものです。皆さん試行錯誤しながら楽しんでいました。最後のゲームは障害物競争で、連合の皆さんが一生懸命に作っておられた大きな鬼のボードも登場し、大いに盛り上がっておりました。

建築学部の一年梅津康生さんは、「外にあった看板を見て参加しました。料理なども準備されておりとてもたのしいです」と話していました。

12月には後期企画も計画されており、今回よりも大規模なものになるそうなので新しい友人が欲しいという方はぜひ参加してみてください。

学科連合委員会八王子支部 Twitter:@hachiojirengo