電子技術研究部(通称・電研)は、電子回路製作や、アンプやミキシングコンソールを用いたPA活動(放送設備を意味する英語で、演者の声を客席にスピーカーなどで届ける活動)を中心とする部活です。今回の八王子祭でも、ステージ企画などの音響を担当しています。

また教室企画として、製作した電子回路を展示しています。テレビなどのリモコンから発せられる赤外線を受信し、パルス信号をオシロスコープに出力させる回路や、遠隔操作でチャイムを鳴らす回路など、多くの作品が展示され、また実際に体験できます。

展示されているロボットアームは、5ヶ所が可動して物をつかみとることができるもので、ゲームセンターのUFOキャッチャーを思わせます。また航空機から送られてくる信号を解析してその位置や便名、高度などを知ることができるコーナーは、時間を忘れるくらい見入ってしまいます。

電研教室展示2

ロボットアームのデモ展示。

その外にも、真空管を使ったアンプなど、普段は見ることができないような珍しい制作物を目にすることができます。活動報告の冊子はわかりやすく、部員の方が一つ一つ丁寧に解説してくれます。

電子回路製作などに興味がある方は、ぜひ見学してみてください。教室企画は八王子キャンパス1号館1E-202にて開催しています。

電子技術研究部公式ウェブサイト:denkenweb.hotcom-web.com