部活内容と展示

自然科学研究部は、八王子祭の教室展示にて部員たちが作成した多くの標本を展示しています。自然科学研究部は60年以上の長い歴史を持つ部活です。元々は天文同好会として活動していたそうですが、徐々に活動の幅を広げ今の自然科学研究部という形になったそうです。そのため、自然科学研究部では生物班、天文班、鉱物班、気象班の4つで別々の活動を行っています。

教室展示の内容は、主に生物班が捕獲して作成した昆虫の標本、鉱物班が入手した鉱石、それを加工して作成したプレパラートなどを展示しています。班自体の展示だけでなく、部員一人一人が作った資料も見ることができます。

dsc_7915

自然科学研究部の方は「きれいな石などを見てもらうことによって興味を持ってもらいたい」とコメントしており、その方面に多くの人々に関心を持ってもらい浸透してほしいと考えている様です。また、「部活に入ってからでも詳しくなることができる」と言っており、自然科学研究部は大変親しみやすい部活で、いつでも入部を受け付けているとのことです。