工学院大学では、八王子キャンパスに2016年3月落成した新4号館の愛称を公募すると発表しました(発表ページ)。8階建ての新4号館には講義室のほか先進工学部の研究室、機械・化学系の実験スペースが多く設けられ、将来にわたって多くの学生が利用できるよう工夫して設計されています。また耐震・耐風設備を取り入れたり、バリアフリーにも配慮するなど最新の設備を備えた建物でもあります。

新4号館の講義室は1階と2階に集中させ、また2階専用階段を設けるなど移動時の混雑を可能な限り緩和させています。実験室は無柱空間とし、見通しが確保されたほか、ドラフトチャンバーなどの各種設備も豊富に用意されています。非常階段や緊急シャワーなども、非常時に即座に使用できるよう配置され、安全面も安心の設備が揃えられています。

応募資格は、工学院大学に籍を置く学生(大学院生含む)、付属中高生徒のほか、学園の卒業生と教職員に限られます。11月18日まで応募を受け付け、最優秀賞に選ばれた方には賞金も用意されています。ぜひ末永く使われるような愛称を応募してみてください。